個別式のメリットとデメリット

個別式の塾のメリットは、各生徒に合わせた内容に臨機応変に対応できることです。学校の授業に追い付いていない場合はその部分を補い、逆に習熟スピードの速い生徒は、どんどんレベルアップしたものを学習することもできます。また、集団授業では周りが気になって集中できなかったり、わからないことがあっても遠慮して聞けない生徒も、個別指導なら躊躇わず質問することができます。一方、個別指導の場合、講師の指導スキルや生徒との相性が、集団授業以上に重要になってきます。生徒の希望に沿って進めるのは良いのですが、本人のペースに合わせるばかりで一向に目標ラインに到達しないこともあります。講師には、生徒のやる気を引き出し、より高いレベルへと引っ張っていくスキルが求められます。

集団授業のメリットとデメリット

集団授業のメリットは、例えば高校受験ならそれに向けて、しっかりとしたカリキュラムが作られているので、そのペースにきちんとついていけば、必要な内容は網羅できるようになっていることです。また、同じ目標を持った仲間の存在が良い刺激になり、ついサボりたくなったとしても、うまく軌道修正されることもあるでしょう。デメリットとしては、カリキュラムが固定されているので、もし理解できていなくても授業はどんどん先へと進んでいってしまうことです。その部分を自分で積極的にカバーしていける生徒は良いのですが、放っておくと、わからない部分がどんどん増えていってしまいます。そうすると、その塾の授業についていくために、さらに別の個別塾へ通うというケースも実際に見受けられます。

学習塾にかかる費用は月謝だけではなく、長期休みに行われる特別授業のことも考えておく必要があります。夏期、冬期講習などは、強制ではないものの参加する生徒がほとんどで、別途費用も高額であることもあります。